My Life in Toronto
gonta423.exblog.jp

カナダのトロントでワーホリ生活を満喫中!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Lui [URL=htt..
by Samuel at 14:36
frenchcum[ur..
by kozy at 19:57
blueteenlink..
by goreg at 19:46
punkhairstyl..
by pedro at 15:28
hairstylescu..
by huger at 13:33
persiankitty..
by sonya at 15:57
youngerbabes..
by kozy at 20:28
Photo from m..
by somaveneye at 19:08
nice site. f..
by Jordan at 02:55
nice site. f..
by Jordan at 02:51
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adult sex mo..
from adult sex movi..
mr12 300
from mr12 300
raphael sanzio
from raphael sanzio
2pac lyrics
from 2pac lyrics
free nokia t..
from free nokia tra..
toyota motor..
from toyota motorhome
caprice model
from caprice model
orchard bank..
from orchard bank ...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:WH情報( 17 )
早速・・・
早速、ワーホリの申請書のキットをダウンロードして印刷しました。

キットって言うとなんかウキウキしてくるのは私だけ?d0002560_23153222.jpg
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-04 23:16 | WH情報
2006年度ワーホリ募集要項、ついに発表!!
待てど暮らせど、発表されなかった、2006年度ワーホリ募集要項がついに、ついに、発表になりました。

急に自分がワーホリに行く事が現実のことなんだ、と実感しました。
今までは、ぼんやりとしていたカナダ生活が、いっきに身近に感じられてドキドキしてきました。
アメリカに6年も住んでた私でさえ、こんなにドキドキしているのに、初めて長期滞在する人達はどんな気分なんだろう・・・。でも、初めてアメリカへ出発した日のようなドキドキ感がたまらなく心地よい。

さて、もうのんびりしていられない。
2月1日に出発予定なので10月末ごろには申請しないといけない。そのために必要になってくる準備にも、もうとりかからなければいけない。住む所も絞っていかないといけないし。

アメリカから帰国して約3年、日本で仕事をして、社会人としての礼儀作法を見に付けて、嫌いだった日本が好きになって、少し大人になった。歳はとったけど、その分、落ち着きも身に付けた。これからはまた若いころのようなチャレンジ精神で、でも大人になって得たものもしっかり握って、カナダでの新しい生活を楽しみながら、もっともっと「新しい自分」を発見していきたい。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-04 18:51 | WH情報
とうとう10月・・・ワーホリ募集要項はまだ??
とうとう10月になってしまいましたが、私のギモン。

2006年の募集要項発表はまだ??

どうなっているのでしょうか?
私は2月頭を渡航予定としているので10月終わりか11月中旬ごろまでに申請しようと思っています。

あーこれから忙しいどー
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-01 18:23 | WH情報
ワーホリ準備
9月になって、同じ部署の女性2人に、11月いっぱいで辞めてカナダへ行きます、と告白した。妙にドキドキして、興奮してしまった。もちろん、まだ課長には言ってない。というか、いつもの流れからいくと、契約更新についての話がそろそろ出るはずなのでそれを待っている状況。テンプスタッフの担当の人にも話さなければいけない。

9月末に2006年度のワーホリ募集要項が発表になったら大忙しだ。申請書取り寄せて、航空券予約して、10月中には申請しないといけないし、11月は仕事の引継ぎなどなど・・・・。あぁ、今までボーっとしていたのに、急に現実的になってきた。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-09-09 18:12 | WH情報
地球の暮らし方・カナダ編ゲット
地球の暮らし方・カナダ編ゲットしました。

インターネットでもいろいろ検索できるからいらないかな、と思っていたけど
やっぱり「本」って手軽だし、アメリカにいた時も友達がこれのアメリカ版持ってて
けっこう使いまわしてたし・・・。
私もアメリカにいるときにアメリカ編とか持ってたら、もうちょっとうまく(?)生活できてたかな、
と思って・・・。

地球の歩き方 地球の暮らし方7 カナダ 2004~2005年版
地球の歩き方編集室 / ダイヤモンドビッグ社
ISBN : 4478033323
スコア選択:
[PR]
by gontanumber2 | 2005-08-20 22:55 | WH情報
WH計画にあたって・・・。
WH計画にあたって

目的
仕事を見つける。希望は留学センターまたは現地語学学校のカウンセラーorスタッフ

予定時期
2006年1月出発 (仕事は派遣契約予定の2005年11月まで続けるつもり。)

予定先
第一候補 トロント
理由
天候、アメリカミズーリに親友がいる(車で4時間くらい)、ボストンなどに近い 行ったことがないetc...
第二候補 バンクーバー
理由
行った事があるがとても美しい街、住みやすそう、友達がいる、スノボ満喫、日本人への各種サポートが受けやすそうetc...

予算
250万(準備代も含む)、仕事を早く見つけることができれば100万強程はアメリカ留学時代のローンを親へ返済したい。

WHにあたって
アメリカへ留学する時は高校卒業したててアメリカの事もあまり知らなかったし、今ほどインターネットを活用して情報を得られなかったので留学オフィスに全てお任せでした。その為いざ自分でやらなければいけないことがでてくると(一度大学を変えて編入したり)大変でした。

またアメリカ人のルームメイトに恵まれて4年間フルに寮生活だったため、卒業後部屋を探す、電話回線をひく、ガス、tax returnなどなどの生活を始めるのがものすごく大変。私の知る限り(知らないだけだったのかも!!??)カナダのようにワーホリがないため、アメリカでは留学生をサポートするような親切な機関や留学センターが少なかったように思います。

今回のWH出発の際には十分なリサーチをして少しでも不安要素を減らして臨みたいと思っています。なにせめんどくさがり大魔王(笑)で、電話ひいたり銀行開いたりガスから何からの事が「やらなければいけない」と思う程、めんどくさく感じて自分で自分を追い詰めてしまう性格なので・・・(笑)。今回はそんなことがないようカナダの生活についてしっかり勉強していくつもり。やり方さえ頭に入れておけばめんどくささも半減できるかなと思って・・・^^;
[PR]
by gontanumber2 | 2005-03-14 15:57 | WH情報
カナダワーホリ実行を決意した経緯
そもそもなぜ私がカナダへ行こうと思ったか??

私は高校を卒業してアメリカ・マサチューセッツ州へ留学しました。4年間大学でMusic Thrapy(音楽療法)を勉強し、その後半年間現地老人ホームで無給かつフルタイムのインターンシップを経験。老人ホームでのインターンはとても大変だったけど良い経験だった。しかし、「閉ざされた田舎のホームでの仕事は私の今、本当にやりたい事なのだろうか?」「もっと外の世界でたくさんの人と出会う仕事がしたい!」という気持ちがふつふつと沸いてきて、半年のインターンシップを終えた時点でMusic Therapistとしてではない生き方を探すためNYを新しい拠点として選び、空港でのグランドスタッフとしての仕事を得る事ができました。

しかし、この仕事でワーキングビザを出してもらえることなく日本に帰国となりました。

今は実家に戻ってから派遣OLとして地元の企業で事務をしながらお金を貯めています。始めはアメリカの大学院でカウンセラーの勉強をしようと思っていたのですが、アメリカの大学は高いし自分としては今の時点では仕事がしたいと思い、ワーホリ制度がありアメリカに近いカナダを選びました。カナダに渡ったら即仕事を探したいと思っています。

せっかくアメリカの大学を卒業した私が未だにふらふらしているのは、小さい頃からの「海外で暮らしたい!」という夢があるからです。どんな形であれ、海外で暮らしたいという気持ちはこの15年間変わりません。そして英語が大好きです。

27歳を目の前にして、やはり若い頃のような勢いとエネルギーがあるわけではないのでいくら英語ができるからと言ってもカナダに行く事が不安に感じることもあります。アメリカでの生活で楽しく充実した生活は大変な思いや辛い思いをしてきた上に成り立っていることを実感しましたし、まして生活体系を全く知らないカナダに行くということはウキウキする気持ちの一方で「またあの大変な思いをしないといけないのか」という気持ちもあります。でもそれでも「行きたい」のです。この気持ちがある限りチャレンジしていたい。そう思います。

↓私の通っていた大学のキャンパスです。
d0002560_22552175.jpg
[PR]
by gontanumber2 | 2005-03-13 22:58 | WH情報