My Life in Toronto
gonta423.exblog.jp

カナダのトロントでワーホリ生活を満喫中!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Lui [URL=htt..
by Samuel at 14:36
frenchcum[ur..
by kozy at 19:57
blueteenlink..
by goreg at 19:46
punkhairstyl..
by pedro at 15:28
hairstylescu..
by huger at 13:33
persiankitty..
by sonya at 15:57
youngerbabes..
by kozy at 20:28
Photo from m..
by somaveneye at 19:08
nice site. f..
by Jordan at 02:55
nice site. f..
by Jordan at 02:51
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
adult sex mo..
from adult sex movi..
mr12 300
from mr12 300
raphael sanzio
from raphael sanzio
2pac lyrics
from 2pac lyrics
free nokia t..
from free nokia tra..
toyota motor..
from toyota motorhome
caprice model
from caprice model
orchard bank..
from orchard bank ...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日々の出来事( 47 )
アメリカ産牛肉の輸入再開に思ふこと・・・
仕事(引継ぎなど)が忙しくなってきたと思った矢先、無謀で理不尽な残業禁止令の通達が部長からきました。自分の部署の仕事内容も全く把握しないで、何がなんでも残業を減らせと言う。まさに怠慢きわまりない命令です。部下がどんなに大変な目にあおうとも、全く気にもしないそんな人間です(怒)!
ということで、会社にもいれないのでブログにもゆっくり書き込める時間ができます。

さてさて、私には最近思うことがあります。アメリカ産牛肉の輸入が再開されることに決定しました。安全が完全に保障されたわけではありませんが、アメリカのごり押しで決まったようなかんじですね。

なぜ、アメリカと日本で意見がこんなにも対立するのか、それにはやはりお国柄というものが関係しているように思います。

アメリカは「自由の国」と言われますが、それは「責任」を伴った「自由」である、ということが前提となっており、「自己責任」の社会です。つまり、何かをする場合には個人の責任が伴いますよ。ということです。
日本に対して、狂牛病の疑いの晴れないアメリカ産の安い牛肉を買うか、安全な国産の値段のはる牛肉を買うかは「個人の責任」で決めるのが当然ではないか?というのがアメリカ側の言い分なのではないでしょうか?

逆に日本はある程度は国が国民の安全を保障してくれる、ということが当然のように考えられているお国柄です。アメリカから安全が確保されなければ、牛肉の輸入再開は不安や危険が伴い、「国は何をしているんだっ!」という反感の声がうまれてくるのは当然のなりゆきでしょう。お店に並んでいる物は全て安全だという神話が今も少なからずあるように思います。

どちらの社会が正しくて間違っているとは思いません。ただ、価値観が全く違うのです。人間同士なら価値観が違えば付き合わないですむ話ですが、国同士の関係にはお互いの国民の生活や利害など複雑にからみ合って本当に難しいissueだと思います。

私個人の意見としては、アメリカに住んでみて日本人がいかに国や他人に悪い意味で頼って、すがって生きているのかということを実感しました。だから国に対しての要求が高いわりに、自分では何も努力をしようとしない、ということも問題のように思えます。アメリカ社会が全て良いとは思いませんが、国や他人に頼り過ぎない独立心をもう少し持ったようが良いように思えます。

皆さんはどう思いますか?
[PR]
by gontanumber2 | 2005-12-16 00:13 | 日々の出来事
スキン変えました
スキンを変えました。スノーボード今年も行きたいなぁ・・・。でも去年スノボで痛めた靭帯がまだ完全復活とは言えないため、今年の雪山が危うい状況です(涙)。1月23日に最終検査で病院に行くので先生に聞いてみようと思いますが、今年はダメって言われそう・・・。まず、カナダ行く前は怖くていけない。また靭帯切ったらカナダいけないもんね。

当面宿を借りるカナディアンの友人が、私が着いた4日目にスキーに同僚と行くので一緒に行こうと誘ってくれました。あぁぁ・・行きたい・・・。でも・・・いけるかわからない・・・。

雪山をおもいーっきり滑りたいよー。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-12-08 22:14 | 日々の出来事
引き継ぎが大変です・・・。
派遣されている会社が上場するために、子会社と合併し、組織も大幅に変更があったため、私の引継ぎ指示が全然出ていませんでした。数日前にようやく決まり、昨日から引継ぎを始めています。新しい派遣の人が来るような話を派遣会社から聞いていましたが、結局現在一緒に働いている派遣社員の同僚に主な仕事を引き継ぐことになりました。

だけど、彼女にももともとあった仕事があるため、なかなか引継ぎがうまくいきません。工場での生産に関係する仕事内容なので、生産日程に間に合うように仕事をこなさないといけません。でも、今のままでは、彼女の仕事が終わるまで待っていては、期限に間に合わないため、結局私が仕事している状態です。別の仕事の引継ぎのことはまだ何も決まっていないため、今の時点では自分でこなしている状態で、引継ぎと、自分の仕事とで慌ただしい毎日です。

少しずつ、渡加のための準備などをしていきたいのだけど、有給休暇をとるのも当分はままらないようで、そのうち、クリスマス、大晦日、とあっというまに過ぎてしまいそう。師走を思いっきり感じる予感大(笑)。その上、渡航前に、県外の友人とも会う約束をしているので週末も外出が多くなったり・・・。お正月にはゆっくり家族と過ごしたいなぁ・・・と思っています。

とにかく少しずつコマを進めて渡航に向けて着実に準備していこうと思っています。

ワーホリ許可証、続々と届いてきているみたい。毎日家に帰ってまず、郵便物をチェックしてしまいます。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-12-08 22:07 | 日々の出来事
会話上手
もともと人見知りしたり会話に詰まる事も多くて、会話上手なほうではなかったのですが、最近自分の会話力がすごく気になって嫌になってしまいました。私のいけないな~と思う点は

・人に話を横取りする。
(○○ってね・・・と誰かが話し始めると、私が○○知ってる知ってる、と自分の話にもっていこうとする。)
・人の話を聞かない。
・私や私の家族についての話題が多い。
・自己中心的

などなど、あげればキリがないかもって思うくらい欠点だらけ。

アメリカにいた時は、まず自己主張しないと話を聞いてもらえなかったり、輪の中に入れないので、苦労しました。でも、母国語ではないしある程度流暢に話せるとは言え、会話に集中していないとついていけないのである程度気をつけていました。自分のことや家族の事も有効な話題として使えました。が日本ではどちらかというと敬遠されることもあるようです。(どこの国でも興味の問題ですが、日本では家族などにはあまり興味を示されないようです。)

それが、日本に帰ってきてみると言葉を選ばなければいけない難しさや、どんな話題を出すかなどに気をもんでしまったり、会話って大変って思うようになりました。もちろん、これは会社や知り合い程度の人との会話での事ですけど。

そこで先週1週間は「会話向上week」と題して、1週間、会話力についての本などを数冊購入して読みながら、日常生活では気をつけるようにしていました。読んだ本の中で良かったなと思う本は、

魅力的女性は話し上手―聡明でセンスある話し方・聞き方
永崎 一則 / 三笠書房
ISBN : 4837901387
スコア選択:

でした。魅力的な会話のコツを教えてくれます。例えば、

・聞き手が気分のよくなる話題を心がける
・会話を「ひとりじめ」しない
・話の腰をおらない
・親しみをこめて熱心に積極的に

などなど・・・。なるほどと思うことがたくさん紹介されてとても勉強になりました。

この本を読んで感じたのはまず、「人を思いやる気持ち」。アメリカにいたから自己主張は当たり前、という気持ちは厳禁です。自己主張は大事です。日本人は自己主張が下手くそだと言われますが、自己主張できればそれでいいわけありません。いつでも「相手を思いやる気持ち」の上に会話が成り立っているということに、この本を読んで改めて気づかされました。どこの国に行っても、会話のテクニックは違えど、会話の基本的なルールは同じ。

それにしても、自然に会話上手な人って憧れる・・・。私なんか性格はO型っぽいってよく言われるけど、やっぱりA型だなーって思います(笑)。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-11-29 23:32 | 日々の出来事
岩盤浴に行ってきました。
最近、ついつい更新をサボってしまいまして・・・てへへ。
仕事でもパソコン業務が多いので、家でもパソコンの前にいる時間が長いと眼の疲れ方が違いますね。ほどほどにせねば・・・と思いつつもっともっとブログやサイトを更新していきたいという気持ちも。

サイトの方はイマイチほったらかしの状態ですが、ホントはもっと良いサイトにしたいというのが常日頃の願い・・・。今の状態では自己満足できないので・・・。

まぁ、前置きはこのくらいにして・・・

明日から「下半身ヤセ強化week」 ? と題して1週間頑張りたいと思っています。

とりあえず1週間は意識改革&カラダ改革step1といったかんじかな。カナダへ行く前に少しでも下半身デブを解消したい!!

ということで、今日は前日から気合を入れる意味で(?)岩盤浴に行ってきました。汗、出るわ出るわ。足湯も間にはさみながら1時間半を汗だくだくで過ごしました。でも気持ちイィ~!

岩盤浴をすると新陳代謝もUPするし、体の老廃物が出てむくみや冷えも解消できるらしいです。その上、お肌がすごくすべすべになります。ホントは岩盤浴して出た汗はたくさんのミネラル分を含んでいて天然の化粧水になるようなので、シャワーを浴びないほうがいいそうです。

だけどね~、やっぱり気持ちワルイのでシャワーを浴びてしまいます。まぁ、それでもお肌スベスベなので満足なのですけど・・・。

余談ですが、岩盤浴のあと、トンカツ定食食べてしまったんですよね・・・あはっ、意味ナイ。

カナダに行ったら岩盤浴ないから悲しいなぁぁぁ。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-11-27 20:18 | 日々の出来事
消えた・・・
久々に、書いた長いお話が・・・消えた・・・。やる気なくしたよー
[PR]
by gontanumber2 | 2005-11-23 22:34 | 日々の出来事
友達から・・・
前の職場で一緒に働いていた友達に久々にメールをしたら返事がありました。彼女はアメリカから帰国してすぐ、留学前から付き合っていた彼と結婚・その彼の海外赴任で現在はベルギーにいます。私も1度ベルギーに行った事がありますが、すごくいいところ。彼女がうらやましいです。現在は専業主婦で、フランス語・料理・ヨガ・フラワーアレンジメントなどなどほんと、あらゆることに挑戦しててすごいなーって思います。その他にもエジプト・スイス・ルクセンブルク・フランスなどなど旅行も楽しんでるようです。カナダへ行ったら1度遊びに行こう!!
[PR]
by gontanumber2 | 2005-11-17 22:48 | 日々の出来事
片付け
今日はかなり服などを片付けた。気がつけばあと3ヶ月でカナダ。あっという間にすぎていきそうです。

今日の不思議発見はカナダ西海岸の特集でしたね。西もいいなぁ・・・。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-30 00:20 | 日々の出来事
先日、同級生のお父さんが56歳の若さで亡くなられました。実は私の同級生で親が亡くなっているのは知ってるだけでも6人目。皆さんご病気で亡くなられています。

数日前、以前住んでいた所の幼馴染からメールがあり、お父さんが9月半ばに心筋梗塞で倒れられて、つい最近退院されたと知りました。彼女とは毎週交代でお互いの家に泊まりに行ってたくらいだったので、お父さんのことも良く知っててびっくりしました。倒れられた時に、彼女が一緒だったのですぐ救急車を呼べたので、対応も早かったのが良かったようです。

こう考えると、自分の両親もいつ、何が起こるかわからないのが現状です。元気だった人がある日倒れるという話はよく聞きます。大変だけど、海外に住んでいても年に最低でも2回は家に帰って様子を見ていたいなと思います。妹は市内に住んでいるので兄弟との連絡も頻繁にとっておきたいなと思いました。

私がアメリカにいたころよりも、自分も年をとった分、両親も同じように年をとっていっていることを実感しています。若いころはホントに自分中心の世界でした。だからただ奔放に振舞って生きていけたのですが、やっぱり年をとれば親のことをもっと気遣ってあげなくてはいけなくなります(気遣いの方法は人それぞれですが)。一緒に住んでいなくても親は大切にしてあげなくてはいけないなってこの年になって再認識しています。
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-28 23:10 | 日々の出来事
小野リサのコンサート行ってきました!!!
今日は大好きな小野リサさんのコンサートでした。もーーーすごーーーい良かったです。
ラテンのリズムに踊りだす人もいたり、しっとり聞く曲もあり、ですごく満足なコンサートでした。
小野リサさんののんびりほんわかした話し方も素敵でした。日系のブラジル人(10代のころから日本にいるみたいだけど)なので、やっぱりちょっと雰囲気が普通の日本人とは違うかな。バックのメンバーの方もインターナショナル&素敵な方々で、ノリノリで盛り上げてくれました。

ボサノバは、ほんとに好きです。ボサノバのスローでちょっと余裕のあるかんじが気分を落ち着かせてくれます。感情を沸き起こす音楽もいいけど、ボサノバは太陽と青空と海と波と緑と・・・って自然を思い起こさせる音楽だと思います。だからBGMとかでよく使われるんじゃないかな。BGMが感情を引き起こしたらBGMでなくなっちゃうし。でも詩の内容は恋愛系が多いんだよね・・・。いいお天気の日曜日の午前中に聞くと、ブラジルにひとっとびできます(笑)。

せっかくほわほわいい気分なのに、明日はまた仕事。でも金曜は休みだからあと1日頑張るどー!!

Romance Latino(2)
小野リサ / 東芝EMI
ISBN : B0009P0GLO
スコア選択:


Romance Latino vol.3
小野リサ / 東芝EMI
ISBN : B0009XE8WE
スコア選択:

Romance Latino vol.1
小野リサ / 東芝EMI
スコア選択:
[PR]
by gontanumber2 | 2005-10-26 23:34 | 日々の出来事